人とロボットの共生する
組織をデザインし
新しい働き方を実現します

RPAトレンド

私たちにできること

課題:「RPA」って聞いたことあるけど、どんなことができるんだろう?

解決:PCやシステムを使って行う業務を代わりに作業したり、システム間を連携する業務について、人間の代わりに業務を進めてくれるプログラムです。大量な単純作業や、複数のファイルやデータを統合・整形したり、Aシステムから出力されたデータをBシステムに入力するなど、人がやるよりもミスなく早く処理できるなどの利点があります。

課題:RPAを導入するとどんな成果が上がるのか知りたいけど、どうしたらいい?

解決:大量の単純作業をRPAの活用によって、社員やスタッフの皆さんが、より創造的な仕事に時間を使えるメリットはわかりやすいと思います。またルーティンで行われる定型業務の場合、体調やスキルによる成果のばらつきが少なく、人が起こすケアレスミスがないなど、の時間以外のメリットも大きいと言えます。会社の業務内容や構成で導入成果もかわりますので、お問い合わせください。

課題:業務改善の施策を考えると言われたけど、RPAでできることって何だろう?

解決:今後の取り組みとして人材が不足してくる将来を考えると、複数のシステム間を連携するデータ統合やフォーム作成などの作業や、ミスが許されない定型作業、頻繁に起きるデータの書き換えなどに関しても、情報管理・活用が安全になる、業務が属人化されずに専門性の高い人材をより収益性の高い業務に活用できるなどのメリットがあります。その結果、今までの働き方を変え、組織内でのより付加価値の高い業務に人材を活かすことが可能になります。

課題:ウチぐらいの会社の規模でRPAって意味があるのかな?

解決:働き方改革を推進する中で、人材の有効活用や高度人材への教育、労働環境の改善など、業務改善にはさまざまな取り組みがあります。特に、人がやるよりも成果結果が良いもの、確実なものに関しては、十分に意味があります。また、人材が圧倒的に不足する時代に向け、RPAを前提とした業務環境を検討し、組織の働き方そのものを考えるきっかけにもなります。そのような未来を考えたい、という企業様には、導入の目的や、効果を検証し、将来像を、社内や経営陣にご理解いただく方法もご提案いたします。

課題:RPAを導入するのに、社内に理解をしてもらったり、その効果を経営陣に納得してもらうにはどうしたらいい?

解決:自社の業務で何を改善したいのかを想定し、実際にRPAを導入するとどのような結果が出るのか検証する実証実験(POC)を行うことが重要です。本格的に導入するために、社内稟議や説明の際に、目的と成果を検証した数字の裏付け、導入前後の方法論について、わかりやすく具体的な報告を可能にできるので、納得感を得やすくなります。そのためのフォーマットのご提供や実証実験をおこなう短期プロジェクトの推進などをお手伝いします。

課題:業務改善やRPA導入のためのプロジェクトをサポートしてくれるところはあるの?

解決:RPA導入は、多くの企業が業務を改善するために、企画立案から、検証、導入、運用、最適化、と導入前から導入後まで取り組みを行っています。社内で検討や行動するチームのパートナーとして、社外のノウハウや考え方を取り入れ、スムースにRPA導入の成果を手に入れるために、弊社をご活用ください。

課題:働き方改革って言われているけど、でロボットと働くことで働き方を変えられるの?

解決:変えることが出来ます。RPAの活用では、既存の定型業務に関わる人を減らすことを成果の第一段階とし、そこで創出した時間を収益の高い業務に振り分けることが可能になります。その先には、属人的になりがちなシステムや組織横断の業務をロボットを前提とした業務設計やシステムの開発、ヒトの働き方を組織内で検証することが可能になり、ヒトとロボットが組み合わさった、よりよい働く環境を創造することを可能にします。

課題:RPAを導入したけど、この先どうしたらいいのかな?

解決:RPA導入後、導入したけど、期待通りの成果が出ていない、運用に費用がかかり過ぎている、社内人材だけでは運用できない、などの問題が発生することがあります。社内で起きる様々の問題に対する運用・サポートや、組織や業務の変更に対するロボットのチューニングなど、他社のノウハウやプロジェクト運営経験を豊富に持つパートナーと、RPA運用を行うことがベターです。

企業情報

会社名 株式会社 Augmentation Bridge
オーギュメンテーション・ブリッジ
所在地 〒108-0014
東京都港区芝5-13-18 いちご三田ビル6F
連絡先 電話:03-6453-6270
FAX:03-6453-6268
代表者 代表取締役社長 大日 健
事業内容
  • RPAを活用した業務改善のコンサルティング、プロジェクトマネジメント
  • RPAやインターネットを活用したシステム・サービスの企画・開発・運用
  • 企業や組織、サービスのデジタライゼーション支援全般

お問い合わせ

ご依頼やご相談、採用に関するお問い合わせは、下記よりご連絡ください。

電話:03-6453-6270/FAX:03-6453-6268