AB社、ISIDと資本業務提携


~RPA導入企業の運用支援を加速~

当社(以下「AB社」)は、株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和亮一、以下「ISID」)と資本・業務提携を行っております。

RPAは、業務効率化の具体的な解決策のひとつとして、国内外の多くの企業で導入が進んでいます。また近い将来には、いわゆる「データドリブン経営」や「プロセスマイニング」(業務上発生する各種ログデータなどの解析によって、企業の業務の標準化・効率化を進めること)の基盤として、RPA技術が大きく貢献することが期待されております。

いっぽうで、導入したRPAが企業内で定着し、期待通りの成果を挙げ続けるためには、各企業の「手弁当」ではない専門的なノウハウが必要となることも広く理解されるようになってまいりました。

ISIDは、2017年から電通グループ向けに大規模なRPA導入プロジェクトを担当。その知見を活かし、RPA導入・開発・定着化支援ビジネスを、120社を超える企業に展開しており、現在RPAソフトウェア『UiPath』社のダイヤモンドパートナーに認定されています。

当社は本提携を機に、ISIDとともにRPA導入企業に対する運用支援サービス提案をさらに強化・高度化。導入企業にRPAの効果を最大限発揮いただくだけでなく、将来の経営トランスフォーメーションの基盤つくりへと進んでいただけるよう、貢献してまいる所存でございます。